上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬麺の「イタリアンラーメン」最高!

DSC04307.jpg

トマトと、酸味の利いた濃厚なスープの相性が絶妙で、
アツアツのスープにチーズが溶けて、とろっとろ!
紫タマネギのスライスがシャキシャキで、後味もすっきり!

実は、地元の伊豆の友達が、
この「イタリアンラーメン」を食べに、たびたび伊豆から出てくる。

というわけで、ちょっとマユツバで食べてみた。

「ラーメン」×「イタリアン」、
最近、無意味なコラボレーションがやたらと多いけど、コレはイケル。

スポンサーサイト

テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

麻布十番にまた1軒、新しいスイーツショップがオープンしました!

フランス・ノルマンディー出身のパティシエ、
フレデリック・マドレーヌさん(名前からパティシエですね!)のお店、
「Le Pommier」(ル・ポミエ)。

DSC04303.jpg

真っ赤な外観が、とっても目立ちます。

辻口博啓さんや、稲村省三さんなど、日本を代表するパティシエ達から、
お祝いのお花が届いて、とても華やかです。


それにしても、麻布十番は、このところ異常なほどスイーツの出店ラッシュ!

不況で商店街の古い店が次々と店をたたんだ、その跡地に、

7月、「東京ラスク」、フローズンヨーグルトの「ユヌフロール」、
   豆源の向かいの一等地に「麻布かりんと」、「プティ・デコレ」

8月、フレッシュジュースの「himel」

9月、代官山から「ドルチェ・トウキョウ」、
そして、今回の「ル・ポミエ」。

どの店も安くはないけど、女性ならちょっと立ち寄って買いたくなる
プチ・贅沢プライスだ。

近隣住民としては、楽しみが増えて嬉しいけど、
でも、なぜ麻布十番にこうもスイーツショップが次々と出店しているのか??

あるデータによれば、
店舗の平均坪単価は、日本で一番高いのが、銀座の54,000円、
以下4万円台が、表参道、原宿、東京と続いて、麻布十番の42,665円になるそうだ。

しかし、銀座の1日の乗降者数は、約27万人、
麻布十番は、わずか6万人と、ケタが違う!

(ちなみに、新宿は325万人、渋谷は210万人)

人通りを考えれば、麻布十番はとんでもなく割高なのだ。

まあ、スイーツショップの場合は、
●店頭販売だから、坪単価が高くても、狭い店舗でOK。
●地価が高い場所ほど、住んでいる住民もお金持ち。
  景気が悪いし、余裕のある人しか買わないから、コレ大事!

以前、このブログでも書いたけど、
銀座でわずか一坪!予約しても買えない「かずや」の煉りようかん。

デパート1階の化粧品売り場同様、
地価が高い場所ほど、有利なビジネスなのかも知れない。


テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

“全種類制覇”を宣言していた「ポアンタージュ」のパン。
仕事帰りに寄ると、売り切れていることが多いんだけど、
今日は、買えましたよ~!

DSC03658.jpg
ポアンタージュ⑪ パン・オ・ショコラ

サクサクで、きめの細かいデニッシュ生地が、最高に美味しい!

DSC03656.jpg
ポアンタージュ⑫ 

メイプルシロップとシュガーシロップがトッピング、
パン生地は見た目よりもとっても軽く、
ショコラの層にいろんなナッツ類が入っていて、楽しいパンです。

DSC03657.jpg
ポアンタージュ⑬ アールグレイとりんご

りんごの甘酢っぱさがとても爽やかで、
食べた後に、アールグレイの香りが広がってきます。
紅茶と一緒に食べたいパン。

最近は、「Dean&Deluca」や「なにわや」でもちょっとだけ買えるけど、
やっぱり焼いているお店で買う方が美味しそうですよね。

ポアンタージュ制覇の旅、まだまだ続きます。

テーマ : 美味なるもの - ジャンル : グルメ

フラッと入るにはちょっと敷居が高い、麻布の隠れ家レストラン
「レストランテ キオラ」。
でも、味、雰囲気、サービスを考えれば、コストパフォーマンスは抜群にいい!!

DSC03602.jpg

飯蛸のミルフィーユ仕立て。(本当はもっと長い名前だったけど、省略)

スターターから、こんな手の込んだ前菜が出てくるんだから、
期待がふくらんでワクワクする。

DSC03601.jpg

シマアジのカルパッチョ。

前料理長・鵜野シェフは、アーティスティックな盛り付けと、
素材マニアとして名を馳せていたけど、現在のシェフもドッコイ頑張っています。

DSC03605.jpg

カラスミと菜の花のアーリオオーリオ。
春ですね~!
ポーションが少なめだけど、皿数があるから、これで充分。

DSC03608.jpg

ここからが、メインディッシュ。
信じられないほど柔らかいラムのお肉。

DSC03609.jpg

フォアグラのパイ包み。赤ワインが飲みたくなるよね~。

大丈夫、ここはワインリストの充実度がものすごい。
いいワインがズラ~っと揃っています。

DSC03611.jpg

ただし、ちょっとワインを飲み始めると、
あっという間に、支払いは料理の2倍、3倍になっちゃうから
ワイン好きは要注意です。

DSC03613.jpg

ちなみに、この日は母の誕生日。
お店には何も知らせていないのに、母のデザートにはお祝いメッセージが!

母は感激し、私も驚いた!
サービスってすごい。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

最近、「バーニャカウダ」が流行ってますよね?

TVの原稿を書いていて、この料理が何度も出てくるな~と思っていたら、
イタリアの料理のはずなのに、フレンチや、カフェ、
なんと和食の店にまで、バーニャカウダ・ブームが広がっている。

麻布十番の和食屋さん「kotatsu」のバーニャカウダ。
コレを食べに、何度も通ってます。

oct 11 2008 005

お好みの生野菜を、アンチョビ、ニンニク、オリーブオイル、
生クリームを煮込んだソースにつけて食べるだけだから、
まあ、どんなレストランで出てきても違和感はない。

それに、野菜の彩りが華やかだし、
いかにもヘルシーで、女性ウケするメニューだ。

ちょっと気になって調べてみたら、
仕掛け人は、北イタリア料理の第一人者で、
汐留「ラ・ロッジア」のオーナーシェフ、室井 克義 (むろい かつよし)氏らしい。

室井シェフといえば、かつてあの「ティラ・ミ・ス」を流行らせた人。
ブームを作る人は、さすが眼の付け所が違うね。

北イタリアといえば、次は「ポレンタ」なんてどうかな。
日本人の味覚にもとっても合うと思うけど。
誰か仕掛けませんか~?



テーマ : 今日、気になったネタ - ジャンル : ニュース

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。