上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『くにろく 東京食べ歩き』の くにサン の召集で、
六本木に新しくオープンした『ちかっぱ』で、
九州の美味しい食材、思う存分味わってきました。

DSC05534.jpg
「炙り鶏皮のゆずマリネ」

九州の居酒屋で“皮酢”は定番です。


「九州お取り寄せダイニング」ということで、
九州直送の厳選食材にこだわった、九州名物が味わえるお店。

東京ではなかなか味わえない料理も多い。

「赤牛のレバー刺し」なんて、まさにソレ。

DSC05535.jpg

熊本の伝統和牛「赤牛」。

別名「草牛」とも呼ばれるだけに、
大草原で悠々と草を食みながら育った牛は、臭みがまったくない。

口蹄疫問題で、松阪の種牛が心配されたけど、
実は、この「赤牛」こそ種が途絶えてしまうということで、
非常事態だったようですが・・・納まってよかった。

野菜も、もちろん九州産。
しかも、見たことのない野菜たちが!

DSC05536.jpg
「旬野菜のまるかじり」

左から、紅しぐれ、甘辛ピーマン、赤瓜、肥後むらさき、黄トマト、
太陽のトマト、赤おくら、島おくら、ホワイトゴーヤ

味と食感の未体験ゾーン!

赤瓜なんて、スパイシーな皮に包まれたメロンの味が・・・


そして、鮮度が命の馬刺し。

DSC05539.jpg
「阿蘇 うぶやま村直送 馬刺し」

左から、赤身、ふたえご、たてがみ。


冷凍だと味が落ちるため、使う分だけチルドで空輸するそうです。
だから、現地と同じ味。


大分名物「とり天」。
DSC05543.jpg

大分では、唐揚げじゃなくて、天ぷらなんですね~。

知らなかった!


「カボス醤油」で食べるのが本場スタイル。

カボスも大分県の特産品ということで、

油っこさを消して、カボスのいい香りだけが残ります。

カボスがなければ、ただの天ぷら。カボスがマストです。


食いしん坊が集まったということで、まだまだ続く九州祭り。

お次は「肥皇(ひおう)豚のつゆしゃぶ」
DSC05549.jpg

熊本のプレミアムポーク「肥皇豚」ももちろん美味しいけど、
ポイントは、アゴ出汁のスープと、出汁のきいた「つけ汁」。

この出汁は、けっこう手間かかってますよ。


「はかた炊き餃子」
DSC05554.jpg

コレ、九州の一部で今爆発的な人気なんだとか。
関東初メニュー化だそうです。

博多地鶏をつかった白濁スープの濃厚なこと。


店によっては、米のとぎ汁なんかで白濁を演出しているらしいけど、

ここのは本物!


あまりの美味しさに、素材まで全部チェックしちゃいました。

DSC05556.jpg

丁寧に説明してくれた店長さん。

実は、オープンにあたって餃子の外部発注も考えたそうですが、
どの業者も味を再現できずに断念。

1つずつ店内で手作りを決意したそうです。

その意気込み、食べてみれば分かります。

どんなに炊いても崩れない、モチモチの食感。
皮にタピオカ粉を混ぜたのがポイントとか。


それにしても、食材についてスタッフが詳しいこと!

実際にスタッフが交代で現地に出向き、

野菜の手入れや、収穫、魚は漁にまで同行しているそうです。


知らない食材があったら、ぜひスタッフに質問を!

喜んでアレコレ説明してくれますよ~。



イタリアンもそうだけど、最近レジョナルな料理にハマっている

私の今の気分にぴったりで、いや~日本も広いですね。



『九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ 六本木』
http://r.gnavi.co.jp/e736202/

銀座店の情報もアップしてます。
title="http://gyoretsu.blog110.fc2.com/blog-entry-160.html">http://gyoretsu.blog110.fc2.com/blog-entry-160.html


スポンサーサイト

テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

太陽の光が差し込む緑いっぱいの空間で、ヘルシーランチ。

しかも、ここは六本木のど真ん中。

心が和みます。

DSC04999.jpg

先週、東京ミッドタウンのガレリア2Fにオープンしたばかりの「ukafe」。

オーガニックの野菜や、平飼いの地卵など、

とにかく素材にこだわった“キレイ”と“健康”がいっぱい詰まったお店。


オーナーは、カリスマネイリストの渡邊季穂さんと、

ご主人で元博報堂の敏腕営業マンの渡邊弘幸さん、

ということで、コンセプトもドンピシャ!


オフィス棟でバリバリ働く人たちには、

ほっと寛げるこんな空間が必要だったんだろうな~と。


まだ、あまり知られていないから、ミッドタウンランチの穴場です。


実は、この日は、地元伊豆の男友達キミヤ君と「ukafe」で待ち合わせ。

伊豆から、こんな嬉しいお土産が!

DSC04996.jpg

目に染みるくらい緑が鮮やかな、取りたてワサビ。

これが冷蔵庫にないと、ほんと、ダメなんです。

キミヤ君、ありがとう!!!

「ukafe」の新メニューにも、ワサビ風味なんてどうですか~?



オープニング・レセプションの様子はこちらで!

オーナーでカリスマ・ネイリストの渡辺季穂さんのブログ
『KIHO WATANABE BLOG』

なんと、私の大好きなブランド、ルシアン・ペラフィネの

ルシアン氏本人も来ていたんですね!!!

会いたかったな・・・。

テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

舌がしびれる感じにはまっている
胡同三辣居(フートンサンラーキョ)の坦々麺。

DSC03545.jpg

今回は、「白胡麻坦々麺」で、
7種類ある坦々麺の中では、一番マイルド。
それでも、けっこう舌がしびれてくる。

DSC03551.jpg

ちなみに、メニューの唐辛子の数が辛さのレベル。

5唐辛子の「超辣坦々麺」は、どれほど辛いのか?
「日本一」というからには、相当辛いんだろうね~

DSC03546.jpg

「丸どり丸揚げ香味ソース」
出てきたときには、アツアツで、まだ油がジュージューいってます。

今夜は、料理長からのサービスで、
「豚耳と胡瓜の冷菜」と「胡麻揚げだんご」

DSC03557.jpg

メニューにあるかは分からないけど、コリコリの食感、けっこう好きです。
料理長、ごちそう様!

DSC03558.jpg

「胡同」といえば、ずっと北京の「胡同」のことだと思っていたけど、
中国では、「裏路地」のことを広く一般的に胡同というらしい。

胡同の家の多くは、今でも台所やトイレを持たない家が多く、
そのため安価な食事場所である「小吃」、
つまり小料理屋の文化が出来上がったんだとか。

「小料理」といえば・・・
次回のフードジャーナリスト会議は、「世界小料理サミット2009」!
東京国際フォーラムでお会いしましょう。

テーマ : 中華料理 - ジャンル : グルメ

北京ダックが食べたくなったので、
近場でお手軽な『胡同三胡同三辣居(フートンサンラーキョ』へ

ここの北京ダックは、1ホール、1/2ホール、1/4ホールと、
お腹の具合によって量が選べるので、
少人数や他にもいろいろ食べたいときには便利。

2006_07062008TOKYO0033.jpg

しかも、ダックの皮だけか、肉つきか、好みのスタイルを選べる。
(料金は同じ)
注文したのは、肉つき1/2ホール。

ただし、北京ダックを包むパンケーキが絶対的に足りないので、
必ず別に追加注文することになります。

241108 036

そして、毎回必ず注文する『坦々麺』(黒ごま)。
胡麻の濃厚な風味と、かなり強烈な山椒の香りが複雑に絡み合って、
「これを食べなきゃこの店にくる意味がない!」
ってほど美味しい!

食べた後、山椒で舌がしびれるのも快感です。

ところで、『胡同(フートン)』といえば、北京の中でも庶民の古い街並みが続く、
オールド北京の雰囲気が味わえるエリア。

IMG_4984.jpg

3年前に訪れたときは、こんなふうにのどかな感じだったけど

IMG_5036.jpg

北京オリンピックの開発で、ひょっとしたらここも変わってしまったのかな~

胡同三辣居 六本木店
1階の厨房にある自家製の釜で、
「北京ダック」がじっくり焼かれていく様子も見れます。

テーマ : 中華料理 - ジャンル : グルメ

ランチ時は、どのレストランも大行列になっている
東京ミッドタウンのガーデンテラス。
夜だったので、予約なしでも待たずに入ることができました~!

DSC02976.jpg

ガーデンテラス2Fにあるイタリアン『VINOTEKA』

あの映画界の巨匠、フランシス・フォード・コッポラ監督がプロデュースした
世界初進出の店!

コッポラ監督が幼いころから親しんだ、
イタリアの家庭料理がベースになっているとか。

店内を大きく蛇行したスネークカウンターが特徴で、
カウンター越しに、料理やワインをサーブしてもらいながら、
ライトアップされたガーデンが見渡せるようになっています。

この眺めが素晴らしい!(残念ながら写真なし)

DSC02978.jpg

メニューにあれば必ず注文してしまうトリッパ。
柔らかくて、とろけた。

DSC02979.jpg

石釜で焼き上げたピッツァ・マルゲリータ。
やっぱり石釜は生地が美味しい。

DSC02981.jpg

パスタは、アラビアータ。・・・50gという、かなりお上品な分量。
シェアすると一口サイズになってしまいます。

DSC01194.jpg

ちなみに、上の写真は以前撮った行列コレクションの1つ。
1Fの『Napule』のランチの行列。
20メートルくらいあったかな。

DSC02984.jpg

ガーデンの隅には、ミッドタウン建設に関わった人たちの名前が刻まれています。
安藤忠雄隈 研吾など、著名な建築家に並んで
なんと、我が従兄弟の名前が!!

自慢の従兄弟です。


テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。