上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国立新美術館「ポール・ボキューズ ミュゼ」のランチの行列は
もうかなり有名だけど、
最近は、新しくなった美術館がこぞって一流シェフを起用!

美術館が美食の宝庫になっている!

DSC03731.jpg

知られざる穴場スポットが、ホテルオークラの横にある
菊地寛実記念 智美術館の「ヴォワ・ラクテ」!

レストラン「ヴォワ・ラクテ」

ここは、まさに知られざる穴場、隠れた都心のオアシス!

(写真はすべて「ヴォワ・ラクテ」のメニューから)

DSC03726.jpg

「サヨリのクリュ 北海のイクラと山葵香るヴィネグレットソース」
サヨリは、軽く昆布で薄くしめてあって、
イクラの塩分と合わせてちょうどいい上品な味。

ちなみに、本日放送された、
「ひるおび」の“通”が教えるミュージアムランチ・ベスト5!

1位 菊地寛実記念 智美術館 「ヴォワ・ラクテ」
2位 原美術館 「カフェ・ダール」
3位 横須賀美術館 「アクア・マーレ」
4位 国立新美術館 「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」
5位 サントリー美術館 「加賀麩 不室屋」

そのほか、国立近代美術館の「クイーンアリス・アクア」や、
東京都庭園美術館の「カフェ サーシャ カネタナカ」も、いいですよね~!

DSC03727.jpg

「ヴォワ・ラクテ」のランチメニューから、「フランス産 鴨モモ肉のコンフィ」
一瞬で食べてしまうのは申し訳ないほど、手間隙がかかっています。
調理時間は、なんと6時間!

DSC03733.jpg

本日のデザート! ランチに+600円で食べられます。

そして、料理はもちろん、
なにより贅沢な気分に浸れるのが、目の前に広がる日本庭園!

DSC03734.jpg

テレビで紹介されて有名になってしまったら、
ちょっともったいないような・・・複雑な気分です。


スポンサーサイト

テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。