上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お歳暮でいただいた大量のハム、

賞味期限がそろそろ近づいてきましたよね。

ハムの賞味期限は意外と短いのだ。


そこで、たっぷりの野菜と一緒に『ボッリート』にしてみました。


DSC04680.jpg


『ボッリート』は、ピエモンテやトスカーナなど、

イタリアの寒い地方で食べられている伝統料理。


ボッリート=ゆでる

つまり、肉や野菜を大きいブロックのまま、

塩をたっぷりきかせて茹でるだけの簡単料理です。


そのまま食べても美味しいし、粒入りマスタードなんかも、

とても合うんだけど、


DSC04639.jpg

トスカーナでは、緑のソース『サルサ・ベルデ』を

肉にかけたり、ソースに溶かしていただくそうです。


【サルサ・ベルデ】(4人分)
パセリのみじん切り 半カップ
ニンニク      2片
EXパージンオリーブオイル 1カップ
パルミジャーノ   大さじ5
アンチョビフィレ  6枚 
塩適宜



本来は生肉のブロックを使うんだけど、

ハムだと煮込み時間も短縮できて、味もついているので簡単!

お歳暮ハムの処理に困ったら、ぜひぜひ!

スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた - ジャンル : グルメ

ニョッキ作りって楽しいね~!

ハマリそうです。

初めてジャガイモのニョッキ、
「ニョッキ・ディ・パターテ」に挑戦。

DSC04482.jpg

ソースが絡みやすいように、
リーガニョッキ(ニョッキ板)に押し付けて、スジをつけます。

最初は、加減が分からなくてべチャッとつぶれたり、
ひび割れたり、アチャ~不細工・・・。

でも、コツがつかめると、コロンとした可愛いニョッキが、
親指一押しであっという間にできちゃいます。

もうこれは実践あるのみ。

DSC04486.jpg

材料の分量は、
ジャガイモ3に対し、小麦粉1。
(塩、こしょう、ナツメグを適宜)

ジャガイモのホクホクの食感を残すために、
生地を煉りすぎないのがポイントです。

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

TBS[ひるおび」でも大好評だった東京カリ~番長の
缶詰を使って3分でできるプロの味、「バターチキンカレー」。

DSC04197.jpg

放送では、焼き鳥の缶詰を使うのがミソ。
それはそれで、驚きの味でしたが・・・

缶詰を使わずに、番長レシピのマリネ液にチキンを漬けたら、
一気に10段階くらいグレードアップしました。

DSC04193.jpg

マリネ液(4人分)
 ヨーグルト 100g
 おろししょうが 小さじ1
 おろしニンニク 小さじ1
 酢 大さじ1
 ケチャップ 大さじ1

チキン400gをマリネ液に30分漬けます。

DSC04194.jpg

あとは、チキンを炒めて、
トマト、青唐辛子、お湯で溶いたルーと一緒にさっと煮込むだけ。

湯気の匂いで、すでに家庭の味じゃないってわかります。

DSC04195.jpg

漬け込む時間はかかるけど、
調理する時間は、実質10分少々。

本当に美味しゅうございました。

番長、ありがとう!

●いつものルウだけで。うまさ別次元。
「絶品!香カレー」(主婦と生活社)


テーマ : カレー - ジャンル : グルメ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。