上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスパラパン

アスパラを茹でるためだけの専用の鍋、

アスパラパンを買った!

メイド・イン・イタリー。

DSC05450.jpg

5年もかかってあの太さまで成長するアスパラ。

勉強会でちょっと詳しくなったので、

アスパラに敬意を表して、

コレで美味しく茹でようと…

スポンサーサイト

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

オリーブの木の魅力にはまって、

まな板、レードル、ナプキンリング、いろいろ集めてます。


で、新しく加わったのが、イタリア語で「半月」というかわいい名前の調理器具、

「Mezzaluna(メッツァルーナ)」。

DSC05112.jpg

Mezza=半分、luna=月、

名前の通り、半月形のハーブチョッパーです。


ウンブリア州スペッロのAlte Legno(アルテ・レンニョ)社製。


ギロチンみたいで形はちょっと怖いけど、

左右に軽く揺らすだけで、ザクザクみじん切りが出来ますよ~。

ハーブをたくさん使うイタリアならではの道具ですね。



今の時代、フードプロセッサーがあれば、みじん切りなんてものの10秒。

刻む、こねる、すりおろす・・・なんでも出来ちゃうけど、

ひとつの用途のために昔から使われてきた道具には、

なんともいえない味があります。


テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

オリーブのまな板、到着!

ウンブリア産のオリーブから切り出した無垢の1枚板、

オリーブならではの年輪の模様も完璧です!

DSC04871.jpg

たかが「まな板」だけど、すごく嬉しい!!


ありそうで、なかなか見つからないオリーブの木。

実は、イタリアでは政府が伐採の数量を管理していて、

実をつけている間は伐採することが許されない希少な素材。


しかも、樹齢数百年にならないと、

まな板が切り出せるくらいの太さにはならないのです。


この美しい年輪は、何百年もかけて生み出されたものなんですね~


世界にひとつしかない、一生モンのまな板です。

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

わが家のキッチンに、イタリアから新しい調理器具が加わりました~~!


スタンポ・ディ・コルツェッティ(コルツェッティの木型)

DSC04775.jpg

ジェノバを代表する、メダル型の両面に模様のついたパスタを作るときの木型です。

私がパスタの中で一番美しいと思うパスタ。

松の実のソースで食べるのが定番です。



ガルガネッリ器

DSC04777.jpg

エミリア・ロマーニャ州のパスタ、ガルガネッリを作る道具。

四角く切ったパスタ生地を、細い棒に巻き付けて、

周りに細い横筋をつけながらペンネのような形にします。


この2つは、イタリアでももうなかなか手に入らない貴重品。

数少ない職人さんが手作りしている、

調理器具というより伝統工芸品だそうです。


ラビオリカッター

DSC04778.jpg

これは誰もが知っているラビオリカッター。

でも、日本で買おうと思っても、なかなか見つからないのです・・・。

金具にCHINAじゃなくて、ITALYなのがやっぱカッコイイ。


この珍しいイタリアの調理器具を、イタリアから調達してくださったのは、

私の師匠でイタリア料理研究家・岸摩弥子さん。

イタリア料理教室『ジャルディーノ』
オフィシャル・ブログ『岸摩弥子の軽井沢日記』

以前、TBS『2時ッチャオ!』の「突撃!ニッポンの女社長」で

紹介させていただいた女社長さんでもあります。


キッチングッズは、ショッピングサイトでも販売されていますので、

こちらでどうぞ!

『バルボンチーノ』

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。