上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、『ブラックプディング』と『ハギス』って知ってます?
「スコットランド人以外は絶対に食べない」というスコットランドの伝統料理。
実は、何も知らずに食べてしまったんです・・・。
DSC01588.jpg

スイーツのようなかわいい名前ですが、ブラックプディングの正体は、実は豚の血のソーセージ、
ハギスは、羊の胃袋に内臓やオート麦、玉ねぎなどを詰めて茹でたもの。
ビールがすすんじゃいますよ~。知らずに食べてよかったです。

ディナーのメインデッシュは「キングサーモンのスコッチマリネ」、
本場のスコッチウイスキーがほんのりと香る大人の味でした。
DSC01581.jpg


スコットランドであこがれの古城にお泊りそこでの初体験のお話でした。
Airth Castle
DSC01572.jpg

http://www.airthcastlehotel.com/
ホテル感覚でお城に泊まれるのも、お城がたくさんあるスコットランドならでは。
ちなみに、当日の電話予約で宿泊できました。

スポンサーサイト

テーマ : 今日の食事 - ジャンル : グルメ

夏休みをいただいて、イングランドの湖水地方へ。
湖畔の小さな田舎町で発見した行列・・・
その先にはイギリス人が大好きなフィッシュ&チップスがありました!

大人気のFish&Chips

地元の人に聞いたところ、いつもこれぐらいの行列ができているらしい。
人気の秘密は、魚が新鮮で柔らかいとのこと。
日本の天ぷらを食べなれた口には、衣が荒っぽい気がしたけれど、
確かに中の白身はフカフカ。そして何よりデカイ!
イギリス人はビネガーをバシャバシャかけながら食べていました。

店の外まで毎日行列!

フィッシュが2.9ポンド、チップスが1.4ポンドで合計4.3ポンド(1000円ちょっと)。
ファーストフードにしては高い気がするけど、
マルボロが4ポンド、ロンドンの地下鉄の初乗りが4ポンドということを考えると、
やっぱりハンバーガー感覚の値段。
ちなみに、イギリスではハンバーガーよりフィッシュ&チップスを食べながら歩いている人のほうが圧倒的に多いです。

アンブルサイドにある人気店「Walnut Fish&Chips」
WALNUT FISH BAR' MILLANS PARK AMBLESIDE, CUMBRIA LA22 9AD 015394 32521

About Ambleside  http://www.amblesideonline.co.uk/

湖が点在する絵画のように美しい湖水地方。
「WALNUT FISH BAR」は、最大の湖、ウィンダミア湖畔にあるアンブルサイドという街のメインストリートにあります。
湖水地方に行く機会があれば、揚げたてのアツアツを頬張ってみてください。




テーマ : ファースト フード - ジャンル : グルメ

毎日暑いですね~
こう暑いと食べたくなるのが冷やし中華。そこで、日本の冷やし中華の元祖といわれる、
神田神保町・揚子江菜館の元祖冷やし中華を食べてきました。

揚子江采館の元祖冷やし中華  


まずはその美しい姿に感動!
日本一の山富士山の四季を表現したという盛り付けには、
春を思わせる桜色のチャーシュー、
夏の緑を思わせる爽やかなシャキシャキのキュウリ、
秋の落ち葉を思わせる千切りの煮タケノコ、
白銀の雪を思わせる寒天、
さらに、富士山の頂にかかる雲をイメージした錦糸玉子がふわっとのっています。

崩すのがもったいないな~と思いながら、錦糸玉子をどけると、
さらに宝物を発見!
なんと、うずらのゆで卵と肉団子が2つずつ埋められているではありませんかっ!

麺はもちろん自家製で、私好みのコシのしっかりした細麺。
そして濃い目の特製甘酢ダレ、コレが深みのある味わいなんです。

元祖冷やし中華のハースサイズ


かなりボリュームがあるので、ほかの料理と合わせて食べたい方は、
ハーフサイズで注文可能。(メニューにはない裏ワザです)
もちろん盛り付けもまったく同様の富士山になっていました。
これも感動でした

ちなみに、揚子江菜館は今年ちょうど100周年!
元祖冷やし中華は、この時期1日300食以上注文される人気メニューだそうです。

揚子江菜館のHP → http://www.yosuko.com/

テーマ : これは美味い!! - ジャンル : グルメ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。