上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京には美味しいイタリアンがたくさんあるのに、
なぜか「ミシュラン」では評価が低かったイタリアン。
今年のクリスマスは、「ミシュラン」で★を取った店に予約が殺到しているんだろうなあ・・・。

そこで、αブロガーのクニ様とイタリアン逆襲企画「イタメシュラン」でも作ろうかって話で盛り上がり、
手始めにさっそくイタリアンの超激戦区にある 「絵びすばたけ La Casuccia(ラカズッチャ)」へ。

DSC01845.jpg

まずは、前菜5点盛り。タコのコンフュは、絶妙の弾力を残しつつ柔らかい。
生ハムも女性オーナーシェフの手作りで、5点とも文句なしの美味しさ。

DSC01847.jpg

メニューにあると、どの店でも必ずオーダーしてしまうトリッパ。
トリッパ好きとしては、もう少しトリッパ自体のボリュームを楽しみたい。ソースに埋もれた感じで残念。

DSC01848.jpg

「どっちの料理ショー」に出演してから、人気メニューになっている豪華なナポリタン。
BQのイメージを見事に裏切ってくれました。

DSC01850.jpg

今が旬!カキのリゾット。
ぷっくりしていて全く縮んでいない絶品のカキがたっぷり入っています。

かつて伝説のレストラン「アロマフレスカ」があったあたり。
広尾商店街の終点から明治通りを横切り、外苑西通りへと抜けるわずか数百メートルの通りに、
アクアパッツァ、アッカ、ビゾーニョ、ボッカ・デ・リオーネ・・・と有名店がしのぎを削っている。

老舗「トラットリア・フィアンマ」が去り、「アロマフレスカ」が移転し、
「レロイーナ」が瞬く間に消えていったこのイタリアン戦国ストリートに
恵比寿西口からあえて乗り込んできた「絵びすばたけ」の勇気に乾杯!

絵びすばたけ La Casuccia
採点:★★★★





スポンサーサイト

テーマ : おいしい店紹介 - ジャンル : グルメ

有楽町の「ジャポネ」前、6時半集合!
相変わらず通路まで続く長い行列・・・。

今回はジャポネを食べ続ける男、「ジャポ二郎」ブログのクニ様と同伴で、
無謀にも「横綱」にチャレンジ、なんと、なんと、完全制覇を果たしました~!

ジャポ二郎 ⇒ http://jiro.livedoor.biz/archives/51265152.html

DSC01833.jpg

知らない人にちょっと説明しておくと、
ジャポネには、レギュラーの上に、ジャンボ(+150円)、横綱(+250円)、
さらに横綱を食べた人だけしか注文できない裏メニュー、親方、理事長があります。

こちらが、ふーみんが制覇した「ジャリコ」の横綱。 麺だけで軽~く700グラムはあると思う。

DSC01834.jpg

こちらが、クニ様が召し上がった「ヘルシースパ」の横綱。
こんなに食って本当にヘルシーなのかは疑問だけど。

DSC01837.jpg

正直言って、たいして美味しくないんだけど、
褒めるとすれば、なんとなく懐かしい味っていうのかな~。

ちなみに、わが家では昔、家族がバラバラに食事をするので、
母親がゆでおきした麺をそのたびにフライパンで炒めて出していた記憶があります。
その味に近いかも。

クニ様曰く 「もう二度と食べたくない!っていつも思うんだけど、
しばらくすると無性に食べたくなるんだよね。中毒性がある」

その中毒症状がでたらどうしよう・・・怖い。

ジャポネ
採点:★★




テーマ : B級グルメ - ジャンル : グルメ

「第12回フードジャーナリスト会議」に出席しました。
ゲストは、あのアラン・デュカス!

33歳で史上最年少の三ツ星を獲得、今やグループ全体で14個の星を持つ
言わずと知れたフレンチのカリスマ・シェフ。
「ミシュランTOKYO」発売直後の来日、さてさてデュカスの反応は・・・

DSC01838.jpg

「なぜミクニが入らない・・・日本のフレンチ最大の功労者に敬意が払われていないことが悲しい」
「のれん分けした店が星を取り、本店に星がないとは・・・」(すし匠のこと?)
自分の星について語ることはなかったけれど、
「悲しい」というひと言に、我々には計り知れない深い嘆きが感じられました。

オーギュスト・エスコフィエによってフレンチのバイブル「Le Guide Culinaire」(1902)が書かれてから
100年、デュカスが新たなバイブルを出版したという歴史的ニュースも!

DSC01818.jpg

常に新しい料理を創造してきたデュカスの言葉で意外だったのが、
日本料理について語った「Fusion で Confusion」
(=フュージョンを勘違いしてコンフュージョン(混乱)してる)
長い歴史と独自の文化に育まれた日本料理が、その素晴らしさを無視して、他国のものをむやみに取り入れれば台無しになる・・・と。

「フュージョン」「コラボ」「フィーチャリング」「マリアージュ」・・・
なんでもかんでも掛け合わせれば新しいものが生まれると錯覚しがちな昨今、
でも、本当に新しいものを生み出すのはそんなに簡単じゃないってことですよね。

DSC01816.jpg

日本の文化・伝統に造詣の深いデュカスは、現在フランスに和風の別荘を建築中。
床には竹を敷き、お風呂には玉砂利、欄間まであるんだとか。
デュカスというフィルターを通した日本のエスプリ、どんな形になるのか見てみたい。

グループ・アラン・デュカス ⇒ http://www.alain-ducasse.com/public/index.htm

フードジャーナリスト会議とは ⇒ http://blog.livedoor.jp/foodjournalist/archives/54154398.html


テーマ : 食に関するニュース - ジャンル : ニュース

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。