上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「生ビールくださ~い!」って言えば、普通はだいたい冷えたジョッキの生ビールが出てくる。
ところが、樽生の銘柄だけで、40種類以上もあったんです!

DSC02205.jpg

両国にある 『麦酒倶楽部ポパイ』 は、
世界でも珍しい、40種類以上の産地直送の新鮮な樽生を飲めるPUB。
ビール通の間ではかなり有名なお店らしい。
カウンターには、ビアサーバーの取っ手がズラ~っと並んでいます。

DSC02204.jpg

沼津の地ビール「ライジングサン ペールエール」。
運気上昇しそうな名前だったので、とっかかりはこのビールから!
写真左は、たぶん2杯目に飲んだエチゴビールのピルスナー。右は(??)

DSC02206.jpg

ビールに合うお料理のメニューも充実してます。

DSC02201.jpg

『焼きそばパスタ』、え~っ?と思って注文したけど、ビールに合うんだな~これが。

DSC02202.jpg

ビールのメニューは入荷した生樽の状況で変わるので、
『その日のメニュー』(HPで更新されます) で、目当てのビールがある方はチェックを!
東京ではここでしか飲めないビールばかりだよ~。

DSC02208.jpg


ところで、『ビールのバイブル』といえば、去年の8月30日に亡くなった
ビ-ル評論家マイケル・ジャクソン著「The World Guide To Beer(世界ビール大全)」。
そのジャクソン氏も生前訪れ、
「ポパイ」のことを「A. GREAT JI‐BEER PUB POPEYE」と英国紙に紹介しています。

昔、歌手のマイケル・ジャクソンのことを調べていて、
ビール界にもマイケルがいることを知りました(笑)

ポパイ
採点:★★★★





スポンサーサイト

テーマ : おいしい店紹介 - ジャンル : グルメ

第13回フードジャーナリスト会議に参加しました。
ゲストは、食文化研究家・魚柄仁之助 さん。

食品偽装事件、中国毒ギョーザ騒動と次々に勃発する中、
誰も言わない日本の歪んだ食品管理の実態を滅多切り!
いや~、魚柄さんのような方に、もっと怒りの声をあげてほしいですね~。

DSC02213.jpg

で、今回のテーマは「偽装のススメ」
まずは、「偽装」した廃鶏と、スーパーで普通に売ってる「鶏肉」の食べ比べ。
(ちなみに、調理担当は、美食の王様・来栖けい さん、エッセイスト・後藤晴彦さんなど、豪華な面々)

結果は、名の知れたグルメたちも見分けがつかないほど見事な「偽装」っぷりで、
むしろ「廃鶏」の方が旨みがあったほど。
「廃鶏」は塩水につけて干すだけで、熟成して旨みが増すんだとか。
目からウロコ、恐れ入りました。

この「偽装」の精神、先日UPした 『普茶料理』 にも通ずるものがあるな~と。

なんでも、日本全国の採卵用の鶏は、1億4000万羽。
1年くらい卵を産ませたあとは、廃鶏として処理されてしまうんだとか。
もったいないですね~。

ウオツカ流「偽装クッキング」、みんなで世の中に広めましょう!
まずは、「廃鶏」というヤバそうな呼び名から変えたほうがいいかも。
どなたか、いいネーミングをお願いしま~す!

このところ、ゲストとの2ショット記念写真を恒例にしてたんですが、
不覚にも、デジカメが作動せず!
なんと電池を充電器にセットしたまま、忘れてました・・・

そこで、贈呈された著書 『冷蔵庫で食品を腐らす日本人』 に挟まっていた
『冷蔵庫お守り札』(しおり)のカッコイイ先生を接写してみました。

会議の様子は ⇒ フードジャーナリスト会議

暮らしの知恵がつまった安くて美味しい「ウオツカ流 偽装レシピ」、
ほかにも色々あるそうで、ぜひ教わりたいです。
大評判のギターと歌も聞かせてください!



テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

辛いものが食べたいな~と思っていたところに、激辛オフ会のお誘い!
初の小岩遠征で、「日本一美味しい」と噂の激辛 四川家庭料理の店「珍珍(ぜんぜん)」へ。

小岩駅から歩いて10分、住宅街にある一見、何の変哲もない中華料理屋ですが、
さすがはチャンピオンおススメ、ただ辛いだけじゃない、絶品の激辛です!

DSC02189.jpg

まずは、回鍋肉。本場四川ではキャベツは使わないんだとか。
その代わりにニガウリが入っていて、辛さ倍増!

DSC02190.jpg

サツマイモ澱粉の麺をつかった「春雨炒め」。
太目の麺に“麻”(ラー)がたっぷりしみこんでいます。

DSC02193.jpg

「レバー炒め」。
赤い唐辛子、緑の唐辛子、さらに生姜がたっぷりで、しびれます。

DSC02195.jpg

とどめの「麻婆豆腐」。
真っ赤なラー油の中に、大き目の絹ごし豆腐が浸っている感じ。
花山椒がたっぷりかかっていて、複雑な辛さはかなりクセになりそう。

DSC02197.jpg

コラーゲンたっぷりの豚足のスープ。
スープ自体は辛くないけど、豚足をラー油の激辛ダレにつけて食べます。
「高い化粧品を使うより、これ食べた方がいい」とママさん。
ママさんのお肌もプリプリでした。

どれも、香辛料のマジックともいえる複雑な味わい。
四川省出身と言う黄革さん(ママ)の料理センスに脱帽です。

danchuなどでも取り上げられ、最近は予約のとれない人気店らしい。
来店の際には、電話で確認を!

<激辛オフ会 参加メンバー>
  クニさん
  築地王さん
  激辛党のおっさんさん(激辛選手権チャンピオン)
  モモさん
  BLOSSOMさん

お疲れさまでした~!

珍々
採点:★★★★


テーマ : おいしい店紹介 - ジャンル : グルメ

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。