上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
築地で人気の定職屋さん「築地食堂」。

「ウインナー野茂仕立て」というのが気になって、注文してみたら、
出てきたのがコレ!

DSC03918.jpg

まあ、だいたい予想通りだったけど、
ハサミでチョキチョキ切りながら食べるのは
楽しかったです。

実は、ちょっと取材交渉を兼ねて行ったんだけど、
テレビの取材は受けないとのこと。残念。

築地で魚の定食が手軽に食べられるお店って、
意外と少ないんですよね~。


ところで・・・、感染拡大がとまらない新型インフルエンザ。
築地市場でも、都内での感染が拡大した場合、
一般客の入場制限も検討されているらしい。

「複雑な世界、単純な法則」マーク・ブキャナン著
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794213859/ref=sib_rdr_dp

“世界中の誰とも6人の友人を介してつながっている”
という驚くべきネットワーク社会の構造!

サブプライムに端を発した世界的大不況や、
今回の新型インフルエンザの感染拡大、
まさに、この法則に従っている気がしてならない。

本当に世界は狭いね。

スポンサーサイト

テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

「ビール好き」が集まる会だと聞いて、
気軽な気持ちで参加した「Beers for Books」。

ところが、そこに現れたのは、なんと、
本物のJohn woodだった!

JohnWood 008

実は、ジョンが企画したチャリティーイベントだったのだ。

John Wood といえば、
開発途上国の子どもたちに本を贈るために、
あのマイクロソフトの重役の座をあっさりと捨てて、“社会企業家”になり、
一躍世界中の脚光を浴びた人物。

その経緯は、著書で!
『マイクロソフトでは出会えなかった天職』  John Wood著
(原題:Leaving Microsoft To Change the World)
※表紙は、原書の方が迫力あり

ジョンが立ち上げた NPO「Room to Read」の目標は、
2020年までに、1000万人の子どもに教育の場を作ること。

誰もが壮大な計画に唖然としたが、
1999年の設立から10年で、
すでに設立した学校の数は765、図書館7,040、280万冊の図書を寄贈し、
6,817人の女子児童に奨学金を提供している。
(公式ホームページより)

その常識を破る戦略とスピードは、まさにNPO界のマイクロソフトだ!

JohnWood 009

John Woodからの偉大な教訓、
「できない理由」を考えるより、「どうしたらできるか」を考えろ!

今夜は、1杯ビールを飲むたびに、100円が子どもたちの本になる。

なんだかちょっと良いことをしているようで、
いつもよりビールが美味しい。


テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

5月7日、粉の日ということで、「コナモン特集」。

「お好み焼き屋」を経営する芸能人って、多いよね!
島田伸介、はるな愛、陣内貴美子、伊原剛志・・・

その中でも、お笑い芸人・ホンコンさんが銀座に出店して、
最近、話題になっているのが、「浪速 好み焼き 冨くら」。

お好み焼きにしては、かなり広いお店だけど、
たしかに繁盛してますな~!

DSC03901.jpg

収録では、ホンコンさん自ら作ってくれた「冨くらスペシャル」。

かなり豪華なお好み焼きです。
まあ、お値段も1900円ですから。

そして、ホンコンさん考案の、その名も「ほんこん蒸し」。

DSC03898.jpg

もやしの大盛りに、豚肉、ニラをのせて、蒸し焼きにしたもの。
ポン酢で食べます。

コレ、簡単で誰が作っても美味しいので、
私もちょくちょく作ってます。

そのほか、
西新宿の広島風お好み焼きのお店、「ぶち旨屋」、
浅草の「風流お好み焼き 染太郎」が登場!


農水省の輸入小麦価格14・8%引き下げを受けて、
今月から製粉各社がつぎつぎと小麦粉の値下げを発表してます。

急激に高騰した小麦粉も、
まあ、これで少しは安くなっていくじゃないかと。

テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

東京には、10万店とも15万店ともいわれるレストランがあるのに、
イギリス料理が食べられる店は、あまりない。

せいぜいパブっぽい店で、フィッシュ&チップスを出している程度。
しかも、とんでもない高い値段で。

そんな中、恵比寿で、ちょっと気になるイギリス料理の店を発見!
IRISH PUB & GRILL "INISHMORE"

シェフは、マンチェスター出身のジョンさんで、
ロースト系の料理から、F&Cはもちろん、パイのメニューもたくさんあった。

DSC03906.jpg

ちょっと物議をかもしたのが、このコンビーフ・パイ。

イギリスには、アイルランドのシェパーズ・パイや、
コーンウォール地方のコーニッシュ・パスティなど、
地方ごとに名物のパイがたくさんあるんだけど、
ダーリン曰く、「コーンビーフ・パイなんて見たことない、イギリスのパイじゃない」というのだ。

パイの街・ウィガンの出身なので、パイにはちょっとうるさい。

今度、ジョンさんに聞いてみよう。

テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。