上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「現役時代、気風のいい相撲をとる、男気のある力士がいてね・・・」

と、テレ朝の相撲番組で長年、司会や実況をしてきた某アナウンサー。

「浪之花っていうんだけど、西麻布でちゃんこ鍋のうまい店やってるんだよね~」

俄然、興味がわいきた~!

なんたって、このアナは、ちゃんこ界に精通していることはもちろん、
仕事に便乗して全国の美味しいものを食べ歩いてきた食通だ!
そのお墨付きなら、美味しくないワケないのだ!

というわけで、本日「天海地」へ。


DSC00639.jpg


板場に立っているのは、まさしく浪之花関本人。
現役時代をしのばせる大きな体。
で、作るのは極めて手の込んだ、繊細なお料理。

「自家製 滝川豆腐」なんて、あの大きな手で、
よくもまあこんな細かい仕事ができるもんだと。

DSC00630.jpg


北海道から、ピカピカで脂ののった新秋刀魚。秋ですね~

DSC00628.jpg


A5ランクの和牛の“さぶとん”
ざぶとんっていうより、この食感は羽根ぶとん?もう夢心地。

DSC00635.jpg


もちろん鍋がメインなんだろうけど、それ以外の料理で十分白星!


あ、でも、「海鮮つみれ入り 自家製ちゃんこ鍋」は絶品だから、
これを食べずに帰ると後悔します。
イカ、エビ、ホタテのつみれがスゴイ!食べればわかる。
くれぐれもお腹に余裕を残しておくように!!


採点:★★★★★
スポンサーサイト

テーマ : これは美味い!! - ジャンル : グルメ

週末、ナントウィッチで開催された「世界チーズ・フェスティバル」。

“世界で最も歴史あるチーズ・フェステバル”として、

欧州メディアはかなり取り上げていましたが、日本では全然!ですね~。


DSC00524.jpg


日本人観光客も行かない小さな街ですけど、

ちょうど行ったばかりなので、ナントウィッチ観光メモ。


DSC00525.jpg


チェシャー州には、ローマ時代に出来た小さな町が点在しますが、

ナントウィッチもそのひとつで、

商店街は16世紀チューダー様式の建物が目につきます。

DSC00527.jpg

細い路地を入ると、そこにも小さなお店が並んでいて・・・


ウィッチがつく街はイギリスにたくさんあるけど、

もともと“塩のある場所”という意味らしい。

チェシャーチーズや食肉加工で有名なのも、塩に由来するのかも。


私の目的は、チーズではなく、宝探し!

DSC00517.jpg

年に何度か大きなアンティーク・フェアが開催される街でもあります。

ガラクタの中から、宝探しをするのも楽しいですよ~!



日本人観光客に人気なのは、すぐそばのストーク・オン・トレント。

ウェッジウッドやスポード、ロイヤル・ドルトン、バーレイなど、

有名食器ブランドの工房が並ぶ陶器発祥の街。


車で走りながら、どっちに行こうか迷って、ブランドより宝探しを選びました!


テーマ : どうでもいい報告 - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。