上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末の代官山「eataly」(イータリー)は、生ハム&チーズ祭り。

イタリアを代表する食材を食べ比べできる、楽しいイベントでした。


こちらは、「プロシュート・ディ・パルマ」(パロマ産生ハム)の食べ比べ。

DSC04769.jpg

同じ塊から切り分けたものだけど、

上半分はスライサー、下半分が手切りです。


真ん中にボテッと落ちたトマトソースは無視で。


切りたての手切りは、やっぱり香りがちがいますね~。


スライサーより10倍、20倍の時間がかかる分、


断面に独特の風合いが合って、高級っぽい。


しかも、これだけ薄く切っていくには、かなりのワザが要ります。



一方、スライサーは、透き通るような滑らかな断面で、

口当たりの良いねっとりとした食感です。



これはもう好みでしょうけど、

ハム自体味も香りも濃厚だし、厚すぎると噛むのがけっこう大変。

なので、わたし的にはスライサーに軍配。

(手切りしてくれた方、ゴメンナサイ)



ほかにも、生ハムの肩、ホホ肉、腿肉、など部位の食べ比べや、


パロマ産生ハム VS フリウリ産の生ハム「サン・ダニエーレ」の食べ比べも。



パロマ産は、世界中で最高級として知られているけど、


フリウリの「サン・ダニエーレ」の方が格上という意見もありますよ~。


DSC04716.jpg

イタリアの生ハムは、本当に種類が豊富。

しかも、各地方の料理やワインとガッシリ結びついている。


そういえば、イタリア留学から帰ってきた知人が、

「サラミが懐かしくてたまらない・・・」とポツリ。

先週、サラミを食べにイタリアに戻る決意をしたそうだ。


胃袋が人を動かすとは、恐るべし、イタリアパワー!



イタリアの食イベントが頻繁に企画されているので、

イタリア好きはチェックを!

http://www.eataly.co.jp/welcom.html

スポンサーサイト

テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

コメント

パルマより断然サンダニエレの方がドルチェで美味しいと私は思います。サンダニエレで食べる薄くスライスされた生ハムは、最高ですよ。是非、現地で試されてみてください!

akiさん、コメント、グラッチェ~!

現地で食べる味は、また格別でしょうね!

来年になりますが、イタリアへ参りますので、
フリウリへも足を伸ばせたらいいな~と思ってます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。