上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2、3年前から米粉ブームといわれていたけど、

最近のメディア露出はハンパじゃない。


ここ数日だけでも、テレ朝の「報道テーション」が長尺で特集していたり、

池上彰さんが解説したり・・・。


食料自給率を上げるための国家政策だったり、

凄腕のコンサルなんかが動いてるんだろうな~なんて

勘ぐりたくもなるけど、まあ、それは置いといて。


実際、食べてみたら、米粉はけっこう進化していて凄い!


米粉の普及に取り組んでいる「食の探偵団」の副団長、

田平恵美さんとひょんな事から知り合いになり、

米粉をつかった「こめたんざく」のサンプルをいただいたので、早速試食。

イタリアン風に使ってみました。


【こめたんざくのアボカドソースあえ】
DSC05648.jpg

評判が良かったので、ついでにレシピも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(2~3人分)

こめたんざく 小分け一袋(100g)→半分の長さにカット(約15cm)

アボカド・・・・1個
にんにく・・・・1カケ(みじん切り)
お酢・・・・・・・大さじ1
市販のドレッシング・・・・大さじ2 
(イタリアンなど、なんでもOK。味に深みがでます)
牛乳・・・・・・・大さじ2
塩、コショウ・・・少々

アボカドをつぶして、上記の材料を混ぜるだけ。
(※追加でケイパーや、オリーブを入れると、さらにプロフェッショナルな味に!)

あとは、茹でた米短冊、ツナ缶(小1缶)、玉ねぎスライス、
ゆで卵、お好みの野菜など、ざっくり混ぜて、出来上がり!

最後に、パセリ、パルメザンチーズなどを振りかけると、
ヴィジュアル的にも美しく仕上がります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


茹でると勝手にクルンと巻き付く特性も面白い!

食感はもちもち、粘りの少ない高アミロース米を使用。


米粉用に、従来の日本米とはまったく違う米が開発されているんだけど、

煮込んでもベタつかず、難消化性デンプンなので

ヒトの体内で吸収しにくいというおまけつき。


「え~、米粉なんて・・・」と思わずに、まあ一度お試し下さい。


「こめたんざく」参照
http://syokuryo.jp/news-partner/2010/07/jinensho1007.html
http://www.jinenjosoba.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ : 話題 - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。