上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
極上表現「醍醐味を味わう」の語源になったといわれるのが、実はコレ!
古代のチーズとして奈良県飛鳥地方に残る「蘇」。

DSC02186.jpg

食べた感じは、まったりと濃厚で塩分のない柔らかいチーズ。

牛乳をただひたすらじっくりと煮詰めて凝縮させていったもので、
醍醐天皇に献上され、そのあまりの美味しさに天皇が感銘して
物事の真髄、極上の表現として「醍醐味(醍醐の味)を味わう」と言うようになったとか。

当時は庶民が食べるものではなく、朝廷に献上された高級品だったらしい。

ちなみに、2010年は「平城遷都1300年」。
観光の目玉として注目されるかも。

醍醐味を味わうにはこちら ⇒ 『飛鳥の蘇』
スコーンぐらいの大きさで、1000円。


スポンサーサイト

テーマ : 美味なるもの - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。