上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天然記念物って、食べていいとは知らなかった!

↓これが、天然記念物!見島牛のリブロースブロック。
値段にすると、1万8000円也。

DSC03093.jpg

今回、「うまいもんドットコム」を運営する萩原社長の“レアレア囲炉裏会”に参加できるという幸運。

次々に出てくる幻の食材に、魅惑のためいき、
萩原社長のうんちくを聞いて、目からウロコ、
実際に味わって、美味に感動、・・・の連続でした。

DSC03097.jpg

社長自慢の鉄鍋で、余分な脂を落としながら、
じっくり焼かれていく45ヶ月飼育の見島牛のリブロース。

ちなみに、見島牛は、昭和3(1928)年 日本で唯一の純粋和牛として国の天然記念物に指定。
去勢牛のみが、年間12~13頭だけ市場に出回るそうです。

和牛の旨みが凝縮した、まさに品格漂うお味でごさいました。

DSC03100.jpg

お次は、年間50頭程度しか流通しないという鹿角短角牛。
その中でも、特に希少な29ヶ月飼育の処女牛(メス)のニューヨーク・カット。

見ての通り、美しい赤身が特徴です。

DSC03101.jpg

霜降りをありがたがる風潮から、生産数が減少しているものの、
海外で本当に美味しい牛肉を味わっている層からは、絶賛されているらしい。

放牧の草だけで育てられた短角の赤身は、本当に柔らかく、
黒毛和牛とはまったく違う濃厚な味わいでございました。

食べてみたい方は、⇒ うまいもんドットコム

DSC03111.jpg

元大手ゼネコン勤務で、11年間のアメリカ生活を経て、
日本の食文化再生のため、うまいもんドットコムを開設した萩原章史社長。
「食」へのこだわりと、情熱は、語りだしたら止まりません。

DSC03106.jpg

社長のワインセラーをこっそり覗くと、年代物のシャトームートンがズラ~リ!
う~ん、赤身と一緒に飲みたい。

レアレア囲炉裏会は、まだまだ続く・・・
今度は、幻の海の食材が!! あとで更新します。

スポンサーサイト

テーマ : 美味なるもの - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。