上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ秋の風物詩、上海蟹のシーズン!

上海から生きたまま空輸されてきた上海蟹、
しかも、№1ブランド「陽澄湖産」の上物です。

DSC03167.jpg

縄で縛られているけど、ちゃんと生きてますよ~。
背中に「陽澄湖産」の証明書も貼り付けられてます。

高級食材として有名な上海蟹だけど、食べるのが面倒くさい無精者の私。
そこで、食べ方を教えてくれるというんで、
上海蟹を販売して25周年、池之端の「東天紅」へ。

蒸しあがった上海蟹。1杯3,675円

DSC03172.jpg

上手な食べ方を教えてくれた、「東天紅」の中澤昌弘さん。
10月はメス、11月はオスを選ぶのが通で、
ちゃんとメスかオスかを指定するお客さんもいるんだとか。

DSC03171.jpg

まず、脚を全部もぎとってしまいます。
次に、甲羅の一番下に爪を入れて、パカッと持ち上げると、甲羅がキレイにはずれます。
甲羅の内側にたっぷりつまった蟹味噌を堪能したあと、
本体の側面に沿ってハサミを入れると、スプーンで掻き出しやすい形に。

やってみたら、本当にキレイに食べることができました!
中澤さん、ありがとうございました。

DSC03175.jpg

「陽澄湖産」の上海蟹と記念写真。
2000年ヴィンテージの紹興酒「福倒(フータオ)」で、ちょっと酔ってます。
ちなみに、カメラマンはB級グルメ王、柳生九兵衛さん。

DSC03165.jpg

「一枚フカヒレとフォアグラの上海蟹味噌ソース」。
この一皿に、高級食材三昧です!

明日からはじまる東天紅の「上海蟹フェア」(10/16~11/30)
上手に食べられない人は、上記の方法でぜひやってみて。



スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

コメント

先日はどうもー

先日はどうもでした。
あと、トラックバッグありがとうございます。

うちらのテーブルだけ異様に騒がしかったのは気のせいとして、蟹おいしかったっすねー。

上野で何かやられる際は是非情報提供・お声かけください!!!
今後共よろしくおねがいしますー

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。