上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京ダックが食べたくなったので、
近場でお手軽な『胡同三胡同三辣居(フートンサンラーキョ』へ

ここの北京ダックは、1ホール、1/2ホール、1/4ホールと、
お腹の具合によって量が選べるので、
少人数や他にもいろいろ食べたいときには便利。

2006_07062008TOKYO0033.jpg

しかも、ダックの皮だけか、肉つきか、好みのスタイルを選べる。
(料金は同じ)
注文したのは、肉つき1/2ホール。

ただし、北京ダックを包むパンケーキが絶対的に足りないので、
必ず別に追加注文することになります。

241108 036

そして、毎回必ず注文する『坦々麺』(黒ごま)。
胡麻の濃厚な風味と、かなり強烈な山椒の香りが複雑に絡み合って、
「これを食べなきゃこの店にくる意味がない!」
ってほど美味しい!

食べた後、山椒で舌がしびれるのも快感です。

ところで、『胡同(フートン)』といえば、北京の中でも庶民の古い街並みが続く、
オールド北京の雰囲気が味わえるエリア。

IMG_4984.jpg

3年前に訪れたときは、こんなふうにのどかな感じだったけど

IMG_5036.jpg

北京オリンピックの開発で、ひょっとしたらここも変わってしまったのかな~

胡同三辣居 六本木店
1階の厨房にある自家製の釜で、
「北京ダック」がじっくり焼かれていく様子も見れます。

スポンサーサイト

テーマ : 中華料理 - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。