上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月30日からスタートするNHK朝ドラ「つばさ」に先駆けて、
本日放送、2時っチャオのランキングは「川越」!

さすが“サツマイモの町”だけあって、
川越では、たい焼きもあんドーナツも、アンコはサツマイモなんですね~!

DSC03662.jpg

こちらは、菓子屋横丁にある「稲葉屋」さんのあんドーナツ。
アンコはもちろん、サツマイモ。

DSC03661.jpg

ところで、なんでサツマイモの町?

「小江戸」といわれるだけに、その起源は江戸時代。

寛政年間(1700年代後半)、江戸の町では「焼き芋」が大ヒット!
当時、庶民の食べ物の中では数少ない甘いモノで、
栽培法が広まって、安く手に入ったからなんですね。

でも、重くてかさばるため、陸路で運搬するのが大変。
江戸と新河岸川で結ばれていた川越は、
舟で江戸まで運べるために、大産地になったというわけ。

その名残で、今でもたくさんの芋菓子屋さんが残っています。

ちなみに、「栗(九里)より(四里)うまい十三里」は、
当時(江戸)の焼き芋屋さんが看板に書いた、大ヒットキャッチコピーだそうです。

そうそう、NHK朝ドラ「つばさ」も、川越の老舗和菓子屋が舞台。

実際に、「甘玉堂」の舞台として使われたのは、
蔵の街一番街にある陶器屋さん「陶舗やまわ」です。

ゴールデンウイークあたり、観光客がドドッと押し寄せそうですね!

スポンサーサイト

テーマ : 大人気お土産・特産品・名産物 - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。