上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関門海峡の荒波に鍛えられた魚たちは、
どれも身がしまって、感動するほど美味しい!

DSC03690.jpg

とくに、ここで水揚げされる「海峡ダコ」は、荒波にもまれて筋肉が強く、
噛んでみれば、すごい弾力!
フグと並ぶ、関門海峡の隠れた名産品だ。

本州と九州を結ぶ関門海峡は、狭いところでわずか600メートル。

その波の荒さは、「源氏物語」の源平の最後の合戦、
壇ノ浦の戦いでも有名だけど、
実際、渦潮がグルグルとうねっていて、海流がいかに荒いか、見ただけでわかる。

この海の中で生き抜くには、そりゃ、魚やタコも筋肉隆々だ。

DSC03702.jpg

写真の左が小倉港、右が下関。
こんなに近いとは思わなかった!

小倉は九州、下関は本州だけど、
関門トンネルで徒歩でも、チャリでも渡れるし、
地元の人にとっては同じ生活エリア。

当然、下関のフグも小倉で味わえる。
しかも、下関よりずっと格安で!



スポンサーサイト

テーマ : 九州の旅 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。